読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tetsu=TaLowの雑記(はてブロ版)

しがない大学教員が琵琶湖のほとりから呟きます

Google Chrome for Windowsを32bit版から64bit版に移行する

Windows版のChromeが32bit版だったのに気づかず使ってて64bit版にしたら軽くなったという話がFBのTLに流れてきて、そういえば自分も出た直後に試験的にサブマシンに64bit版を入れて使ってみたもののメインマシンは放置してたなと思い出し、移行しようとしてちょっとだけハマったのでメモっておきます。
まず自分でお使いのChromeが32bitか64bitかの確認方法は以下の通り。まずメニューから「Google Chromeについて」を選択。
(以下の画像は潰れて見にくい人は画像をクリックしてオリジナルサイズを表示して下さい)

概要のバージョン番号を見て、64bitとあれば64bit版ですが、何もなければ32bit版です

64bit版のダウンロード方法がまた面倒で、普通にダウンロードしに行くと32bit版になってしまいます。そこで、「別のプラットフォーム向けのChromeをダウンロード」します。

Windows 8/7 64bitを選択。

利用規約の承諾などを求められますので承諾するとChromeSetup.exeが落ちてきます。
で、これを実行すれば64bit版をインストールできるのですが、私の環境では「実行中のGoogle Chromeと同じバージョンをインストールすることはできません。Google Chromeを閉じてからもう一度お試しください。」と出てインストールできませんでした。
f:id:tetsutalow:20150406113059p:plain
Chromeのウィンドウを閉じても同じ。で、タスクマネージャーで調べるとChromeのプロセスが残ってます。ここで手でプロセスを殺したり、再起動したりしてからインストールしてもいいのですが、そもそもなんでChromeは閉じたあともバックグラウンドで動き続けるかは、そういうの機能があるからなので、そちらの機能を切ることで対処しましょう。
まず、再びメニューから今度は設定を選びます。

詳細設定を表示します。

下の方に「システム」という項があって「Google Chromeを閉じた際にバックグラウンドアプリの処理を続行する」って言われますが、これがプロセスが生き残る原因です。なので、64bit版のインストールに失敗した人は、まずChromeのこのチェックを外します。

あとはChromeを閉じて、再度ChromeSetup.exeを実行すれば良いはずです。もしバックグラウンド実行機能(メッセージの通知とか)を使いたいのであれば、インストール終了後に再度設定して「バックグラウンドアプリの処理を続行する」を有効にするのをお忘れなく。

なお、Chrome 64bit版はセキュリティ的にはより安全になるはずなのでお勧めできますが、性能が向上するかは環境依存ではないかと思います。基本性能は上がっているようですが、どうしても32bit版より少しメモリ食いになると思いますので、メモリが厳しい環境では期待外れかも。あと、さすがにもう絶滅寸前じゃないかとは思いますがNPAPIが必要なプラグインを使っている人はトラブります。でもこの1月でNPAPIはデフォルトで一部を除きブロックされるようになったようですし、9月には完全にサポートがされなくなる予定です。
関連:
Chromium Blog: The Final Countdown for NPAPI

それにしても移行は拡張機能はもとよりCookieもそのままなので、本当に単なるバージョンアップと同じ感覚で行えます。